キングダム考察|史実の鄴攻め(ぎょうぜめ)の結果とは!?王翦・桓騎・楊端和が歴史に名を残す重要な戦い!

キングダム考察|史実の鄴攻め(ぎょうぜめ)の結果とは!?王翦・桓騎・楊端和が歴史に名を残す重要な戦い! キングダム史実

(原秦久先生/集英社/キングダム)

王翦の鄴攻め(ぎょうぜめ)

秦国最強の武将・王翦が
歴史に名を残す最初の戦いとなる。

また、桓騎や楊端和も
大きな武功を挙げている。

しかし、
史実では李牧が出陣していない等、
設定に若干の違いも見られる。

今後どのような展開になるのか?
史実を元に考察していきたい。

鄴攻めの流れ

史実における鄴攻めの流れを
まとめると以下のようになる。

①王翦・桓騎・楊端和で先ず9城を取る。

②王翦は一人で閼与(あつよ)を攻める。

③精鋭揃いに編成し、最後に鄴を落とす。

この一連の戦いを鄴攻めと言い、
紀元前236年(始皇11年)に行われた。

鄴攻めを指揮する総大将は王翦将軍。

キングダム47巻 鄴攻略の総大将は王翦将軍

原泰久/集英社/キングダム47巻

王翦が歴史に登場した最初の戦いであり、
鄴攻めの14年後に秦は天下統一を達成する。

王翦vs李牧

秦軍総大将の王翦を迎え撃つのは
趙国三大天の李牧である。

鄴攻略の戦いは
王翦と李牧の知略対決となる。

キングダム48巻 王翦と李牧の知略の戦い

原泰久/集英社/キングダム48巻

しかし、史実によれば
李牧が出陣したという記録はない。

王翦と李牧が実際に戦うのは
鄴攻めの7年後の戦いとされている。
(秦軍は王翦・楊端和・羌瘣、趙軍は李牧・司馬尚が参加)

王翦vs李牧の鄴攻めの戦いは
オリジナルの設定ということになる。

閼与攻め

閼与攻め(あつよぜめ)は
キングダムではまだ描かれていないが、
史実においては重要な戦いとなった。

閼与をめぐる秦と趙の戦いは
2回行われたと記録されている。

1回目は紀元前269年
秦六将の胡昜(こしょう)将軍と
三大天の趙奢(ちょうしゃ)将軍の戦い。

この戦いでは趙奢が秦軍を大破した。

2回目が紀元前236年
王翦が一人で行ったとされている
閼与攻めである。

王翦による閼与攻めの達成後、
楊端和・桓騎の軍と合流し、
功労のない者を帰らせる。

そして、軍を5分の1に減らし
精鋭揃いにして最後の鄴を落とすのだ。

どこまで史実どおりに描くのかは
不明であるが、
例えば、朱海平原の戦いは
史実に存在しない戦いなので、

キングダムのオリジナルの設定で
鄴攻めの戦いが描かれていく
可能性は十分考えられるだろう。

兵糧攻めの戦い

秦軍を迎撃する趙軍の作戦は
鄴に集う秦軍を“兵糧攻め”にすること。

一方の秦軍も
難攻不落の鄴に対して“兵糧攻め”で応戦する。

趙の列尾に侵攻後、
九つの城を落とした秦軍は
落とした城から発生した難民を
すべて鄴に避難させる。

キングダム48巻 鄴攻略は兵糧攻め合戦

原泰久/集英社/キングダム48巻

鄴の兵糧が先に尽きるか、
それとも秦軍の兵糧が先か。

兵糧攻めという側面を持つ鄴をめぐる戦い。

そして、
この戦いは王翦と李牧が同じ策を
思い描いていたということになる。

趙滅亡の契機

史実においても
キングダムにおいても、
鄴攻めは後の趙滅亡の契機となる。

鄴攻めの3年後である
紀元前234年(始皇帝13年)に
桓騎が李牧に敗北する戦いを除いて、
秦は趙との戦いに次々に勝利していく。

活躍したのは王翦・楊端和・羌瘣の三人。
この三将の活躍により趙都邯鄲は陥落する。

羌瘣が将軍として
歴史に登場するのもこの時期から。

キングダム51巻 羌瘣の檄

原泰久/集英社/キングダム51巻

そして、
王翦は羌瘣と共に東陽を平定し、
逃亡していた趙王・幽繆王を捕えて
趙滅亡に貢献する。

キングダムでこの歴史の流れを
どのように描くか注目である。

今後の展開に期待したい。

【こんな記事も読まれています】

⇒【麗と扶蘇が対立関係になる!?
⇒【政の息子・胡亥と扶蘇の対決!?
⇒【尭雲と趙峩龍は強い!?