キングダムネタバレ587話展開予想|王賁と関常は“雷獄”脱出!趙峩龍(ちょうがりゅう)に狙われた番陽は死亡する!?

キングダム586話 王賁が尭雲の右腕粉砕 キングダム最新話予想

(原秦久先生/集英社/キングダム)

※確定あらすじ※

玉鳳隊の殿(しんがり)として
命を落とした関常隊の宮康。

宮康のおかげで王賁の首を
何とかつなげることに成功した。

対する趙軍も“十槍”も四人失ったが、
尭雲は仕事を終えたとして撤退。

そして、十三日目の戦いが終了する。

587話の最後のナレーションでは
あと二日で朱海平原の戦いに
決着が着くという。

秦軍の巻き返しが始まるか!?

尭雲と“雷獄”によって
窮地に立たされた王賁と関常だが
二人とも奇跡的に生き残る。

しかし、
王賁は尭雲の一撃により瀕死の状態。
玉鳳隊の指揮は執れそうもない。
副官の番陽も趙峩龍に狙われている。

玉鳳隊を救うのはやはり飛信隊か?

関常は死なない

王賁救出のため身代わりとなった関常だが、
尭雲の矛を間一髪のところで防ぐ。

関常死亡の予想が噂されていたが、
このまま生き残る展開になりそうだ。

しかし、
今度は関常を助けるために
王賁が“雷獄”の中に戻ってきてしまう。

し…正気か若…
なぜ愚の極みのような…

–関常–

(原秦久先生/キングダム586話)

関常が取り乱すのも無理はない。

脱出不可能と言われた“雷獄”から
奇跡的に逃れたのにもかかわらず、
王賁は部下のために戻ってきたのだ。

関常に眼中のない尭雲は
当然のように王賁を狙う。

尭雲の右腕を粉砕

瀕死の王賁であったが、
尭雲だけに集中すれば全力の槍を
まだ二突き撃てるという。

松琢と宮康に両脇を守らせ、
王賁は全力の“龍指”を繰り出す。

キングダム586話 王賁の龍指が尭雲の右腕を貫く

原泰久/集英社/キングダム586話

王賁の龍指は尭雲の右腕を見事に貫く。

しかし、
右腕を粉砕された尭雲の矛は止まらず、
王賁は地面に叩き付けられてしまう。

王賁が“討たれる”とは

583話の最後にナレーションされた
王賁が“討たれてしまう”という表現

キングダム583話 「王賁が討たれてしまうのだ」

原泰久/集英社/キングダム583話

これは亜光将軍のように、
瀕死の重体を意味していたようだ。

「討たれる=死亡」ではない。

王賁は史実において
秦の天下統一に大きく関わる人物。

史実にすら出てこない朱海平原の戦いで
討ち死にすることはまず有り得ない。

番陽死亡の危険性

尭雲軍に蹂躙された玉鳳隊であるが、
玉鳳隊の元々の相手は趙峩龍軍。

そして、
趙峩龍は番陽の前に立ちはだかる。

キングダム585話 番陽の前に立ちはだかる趙峩龍

原泰久/集英社/キングダム585話

趙峩龍と番陽が戦うのであれば
番陽の勝ち目など微塵も無いだろう。

趙峩龍はこれまでの戦いの中で
ほとんど“武”を見せていないが、

かつては尭雲と共に
藺相如の側近として活躍した武将だ。

老兵の番陽が通用する相手ではない。

また、
王賁と関常は瀕死の状態なので
番陽を助けることは不可能に近い。

このままでは番陽が趙峩龍に
討ち取られるという展開も有り得る。

玉鳳隊は崩壊寸前といえるだろう。

最後の頼みは飛信隊

尭雲の軍(雷雲)は
飛信隊の位置から移動してきた。

ということは、
飛信隊が現在戦っている趙軍は
尭雲も精鋭兵もいない状態である。

飛信隊が玉鳳隊の崩壊を救うのか?

終わりはしない!!
玉鳳がここで壊滅さえしなければ
右の勝敗は決しはしない

なぜなら秦右翼にはまだ…
飛信隊が残っている!!

–関常–

(原秦久先生/キングダム586話)

飛信隊の指揮を羌瘣に託せば
信が玉鳳隊の元へ向かうことも可能だろう。

実際に、信・楚水・田有・田永が
趙軍をなぎ倒しながら爆走している。

やはり信の狙いは尭雲の首か?

右腕を貫かれた尭雲であれば
信が討ち取る可能性も十分考えられる。

次回の展開に注目だ。

【こんな記事も読まれています】

⇒【尭雲と趙峩龍は強い!?