キングダム考察|最終回は信と政の顔アップで終わる!?「世界ふしぎ発見!」始皇帝特集で原先生が語る!

キングダム史実

(原秦久先生/集英社/キングダム)

TBS系列「世界ふしぎ発見!」で
漫画キングダムが取り上げられる。

これは番組1500回記念として
“秦の始皇帝”を特集したものであった。

そして、
キングダム作者の原秦久先生も出演。

読者が気になる“最終回”について、
原先生が少しだけ話してくれた。

もちろん、最終回は
キングダムの主人公である二人、
信と政について描かれる。

秦の中華統一

キングダムは
中国の春秋戦国時代の物語。

500年続く大戦争時代は
秦国の“中華統一”によって終わる。

そして、
中華統一を成し遂げた時、
政は“秦の始皇帝”となり、
信は“天下の大将軍”となる。

キングダム23巻 廉頗が語る中華統一

原泰久/集英社/キングダム23巻

廉頗は、信が目指す
史上最強の天下の大将軍について、
“中華統一”が条件になると語る。

(“中華統一”について)

それを成すには
すさまじい程の“武の力”と
また、それをふるう器
血の大業の“業”を
受け止める器を持つ
王が出現せねばならん

–廉頗–

(原秦久先生/キングダム23巻)

廉頗の話を聞いてから
本格的に“中華統一”を目指す信と政

キングダム23巻 信と政が中華統一を語る

原泰久/集英社/キングダム23巻

そして、
山陽で廉頗と戦った20年後、

秦は最後の国・斉を降伏させて
中華統一を成し遂げるのだ。

キングダム“最終回”

原先生が語ってくれた
キングダム最終回の構想

武力による中華統一を
肯定してはいけないとした上で
以下のように語ってくれた。

武力統一してしまった信と政が
どういう顔をするのかが…

最終回かもしれないです。
アップで。

その顔はまだ僕も分からないです、
どういう顔をするのか。

良い顔だったらいいな。

–原秦久先生–

「世界ふしぎ発見!」より

信と政の顔のアップが
最終カットということだろう。

二人がどんな顔を見せるかは
まだ分からない。

胸が熱くなる感動シーンに
なることは間違いないだろう。

信と政のその後

史実によれば、
秦の中華統一後、

信(李信)が戦に出たという
記録は残されていない。

李信の生没年は不詳であるが、
子である李超もまた
大将軍として李信のように
戦場で活躍したという。

一方、嬴政は始皇帝となるが
11年後には病死してしまう。

そして、
政の子である胡亥(こがい)
二代目皇帝に即位するが、
その4年後には秦国は滅亡する。

原先生は番組のインタビューで
秦の滅亡まで言及していたが、
実際はここまで描かれないかもしれない。

キングダム“最終回”は
どんな終わり方なのだろうか?

そして、
信と政はどんな顔を見せてくれるのか?

最終回に期待したい。

【こんな記事も読まれています】

⇒【麗と扶蘇が対立関係になる!?
⇒【政の息子・胡亥と扶蘇の対決!?
⇒【尭雲と趙峩龍は強い!?